2011年01月23日

大井川沿いをドライブしてきました!2

こんにちは、タカです。

前回に引き続き、大井川ドライブの旅をお送りしま〜す。

正月2日という事もあって、宿朝食おせち料理でした。
DVC00019.JPG
すんごいボリューム! おいしかったー! 画像にはないですが
このあとお雑煮も出ましたよ。 から 満腹でこの昼食
食べられなかったくらいです。

民宿・奥大井お母さん、大変お世話になりました。

本日は大井川沿いを更に進み、井川へと向かいます。
奥泉から338号線約10分ほど行くと長島ダム到着

RIMG0145.JPG
アプトいちしろ駅〜長島ダム駅の国内唯一のアプト式区間
を望む。
こんな急勾配登るんか!すげー!

鉄道では国内一急勾配区間90/1000 (90パーミル(‰))
を走らせる為に、この区間アプト式機関車を使います。 車輌
下部
歯車ピニオンギア)の線路中央敷設されている
ラックレールという歯形レールとの噛み合わせ で急勾配を上り
下りします。

RIMG0152.JPGRIMG0150.JPG
長島ダム駅(海抜485m) このアプト式区間のみに使用する
電気機関車・ED90形が見えます。
RIMG0153.JPG
平成13年完成した長島ダム堤高109m堤頂幅308m
重力式コンクリートの大井川水系では唯一多目的ダムです。
対岸は展望広場公園ふれあい館などがあります。

さらに338号線を進んで行くと・・・

RIMG0155.JPGRIMG0154.JPG
奥大井湖上駅(海抜490m)長島ダムのダム湖である接岨湖
にかかる奥大井レインボーブリッジに挟まれた湖上に浮かぶ
RIMG0159.JPG
接阻峡温泉(せっそきょうおんせん)駅 (海抜496m) 民家
と見間違えそうだぞ。
RIMG0163.JPG
閑蔵(かんぞう)駅 (海抜557m) たまたま見回りに来ていた
保線の人からをかけられ、昨年11月尾盛(おもり)付近で
親子熊出没目撃情報があり、その警戒解除がまだ解かれて
いないので注意してくださいと言われました。

接阻峡温泉駅閑蔵駅の間には、秘境駅として有名な尾盛駅
があるのですが、駅までの道が無い事、 鉄道で行ったとしても
ただでさえ本数が少ないので時間的余裕も考えて断念しました。
omori.jpg
こんな感じだそうです・・・(HPより抜粋)
降りようとしてもの件で降車拒否されたと思いますが・・・

次の目標は関の沢鉄橋なのですが、気づかずに通り過ぎていた
様です。 閑蔵駅から少し引き返して接阻峡温泉手前338号
右折し道は凸凹落石木々散乱する悪路を進みます。

DVC00014.JPG
関の沢鉄橋尾盛〜閑蔵にある渓谷に架けられた高さ約100
橋長114mの鉄橋です。高千穂橋梁を通る高千穂鉄道
廃線
になったので、現在は鉄道橋として日本一の高さ。

RIMG0206.JPG
この先は通行禁止なのでもと来たを引き返します。

RIMG0211.JPG
目の前にいきなり石が落ちてきました!! ゆっくり走って
いて良かった〜(汗)


再び338号線に戻って井川方面へ。閑蔵駅入口 (=338号線
終点)からまたまた悪路を走ります。
RIMG0198.JPG
落石箇所がかなりあります。 道幅も所々で変わるので慎重に!
約30分県道60号線に合流。右折してしばらくすると・・・
RIMG0165.JPGRIMG0184.JPG
土産店の横にある階段を登ると井川駅 (海抜686m)に着き
ます。井川線最上流の駅ですが、以前はさらにここから上流に
堂平(どうだいら)という貨物駅があったそうです。(線路はその
まま残っています。)
RIMG0172.JPGRIMG0174.JPG
11時12分発だそうです。急いで入場券を買って駅構内へ。
先頭の車輌は機関車・DD20形
RIMG0181.JPGRIMG0182.JPG
直後に発車してしまいました。でも撮れてよかった〜!
最後尾の車輌は制御客車・クハ600形

DVC00015.JPG
井川ダム(別名・井川五郎ダム)昭和32年に 日本で最初の
中空重力式
(堤体内部が空洞)コンクリートダムとして建設され
ました。堤高103m。 ここも「男はつらいよ」登場しますよ。

井川ダム展示館もあったのですが、年始だったので休館でした。

県道60号線井川湖沿いにさらに進むと・・・
RIMG0194.JPG
井川大橋道路橋総重量2tまで通行可能ですが、
関係相互通行基本
RIMG0197.JPG
橋上より上流を望む。実はこのを渡って富士見峠を経由して
静岡市街に出ようと考えていたのですが、民宿・奥大井のお母
さんから悪路であまり奨められないとアドバイスされていたので
千頭まで引き返す事にしました。 またあのを通るのか・・・

RIMG0214.JPG
途中の奥泉まで戻ってきました。奥泉駅停車中DD20形

大井川鉄道・井川線 (南アルプスあぷとライン)は本来なら
千頭〜井川までの運行なのですが、以前の台風による落石
危険がある為、現在は千頭〜奥泉の間が運休となっています。
(この間はバスによる代行運転実施
つまり暫定的に奥泉駅が始発駅となっています。
RIMG0218.JPG
駅周辺お茶畑も多く、人影も少なくとても静かです。
昭和26年に 現在の奥泉バス停付近で縄文時代遺跡である
下開土(したのかいと)遺跡発見されました。遺跡の特徴が、
大井川流域を分岐点として 東西の違いが現れている と推測
されているらしい。
それに因んで駅前広場にはこんなトイレが・・・
RIMG0219.JPG

千頭から国道362号線を使って静岡市街に向かいます。
362号線は「酷道」とよく言われるそうです。 アスファルト舗装
ですが山間部区間が多い上、道幅が細くなったり太くなったり
と様々に変化します。

ただし、道から見た眺望最高!!
RIMG0221.JPG
川根本町・東藤川付近からの眺望。
RIMG0223.JPG
静岡市 葵区杉尾・はなのき展望休憩所からの眺望。

情報によると18m等身大ガンダムJR東静岡駅前展示
してあるとの事で寄り道してみました!

RIMG0225.JPG
昨年7月から開催されている「静岡ホビーフェア」会場内
で以前お台場にあったものを展示しているそうです。

目標ガンダム撮影のみ!ホビーミュージアムには入らず、
いろんな角度から撮りまくりました。
DVC00005.JPGDVC00008.JPG
RX−78−2の勇姿!個人的にはジオン系が好きですが・・・

時々、各部が動くというギミック付なのですが、両胸スリット部
背部バーニアなどの排気煙噴射迫力イマイチかなぁ・・・
モクモクと出てる感じで故障してふいてる様に見えました (笑)

このあと、静岡ICから東名に乗って千葉の家へと帰りました。
一泊二日でしたが、充実したドライブ旅でしたよ。


posted by タカ at 12:32| 沖縄 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

大井川沿いをドライブしてきました!1

こんにちは、更新の遅いタカです。

てなわけで年末年始静岡方面に行ってきました。
元日になった直後の深夜2時頃千葉を出て、途中休憩を
挟みながら、4時半には富士川SAに到着。

DVC00048.JPG
初カレーいただきました〜!

車内でしばらく仮眠した後、初日の出を見に薩埵(さった)峠
へ向かい、6時45分頃に拝む事が出来ました。

DVC00040.JPG
前回と同画像ですが・・・ホント晴れて良かった。
DVC00036.JPG
これも同画像です、すみません。

これから大井川沿いドライブします。再び、清水ICから東名
に乗り、吉田ICで降りてしばらく進むと・・・

RIMG0021.JPG

大井川にかかる蓬莱橋。 明治12年(1879年)に完成した
全長約897m
木造橋「木造歩道橋として世界一の長さ」
という事でギネスブック認定されてます。 因みに通行有料
 (大人・自転車/100円,小学生以下/10円・・・このは何?)
RIMG0022.JPG
この蓬莱橋、昭和53年(1978年)公開された「男はつらい
よ」第22作「噂の寅次郎」
ロケ地として使用されています。

RIMG0023.JPG
大井川鉄道 (正式な商号大井川鐵道) の発着駅である
金谷JR金谷駅のすぐ横にあります。ここから大井川沿いを走る
鉄道を併走しながら上流へと向かいます。

RIMG0026.JPG
SL車輌基地がある新金谷駅「うなぎアイス」という旗看板が!
どんな味なんだ?元日だったせいか売店はやっていませんでした。
食べたかったなぁ。

家山駅を過ぎて国道473号線から少し離れて林道に入ります。
景色が素晴らしいと評判の朝日段公園という場所に向かいます。

RIMG0031.JPG
標高660mにある朝日段公園。南アルプス山々も見えます。
下に見えるは、大井川中流の 「鵜山の七曲り」 と呼ばれる
蛇行地帯
です!

再び国道に戻り、さらに進んで地名駅に到着。
RIMG0033.JPGRIMG0038.JPG
開業昭和5年(1930年)の駅ですが、駅舎は当時のまま
なのでしょうか?このレトロ感がたまらんですな。
RIMG0035.JPG
北側には「日本一短いトンネル?」が・・・
RIMG0039.JPG
トンネルをから見たところ。全長約7m。以前はこの上に貨物
索道
が通っていたらしく、その保護用として作られた様です。
因みに JR東日本・吾妻線群馬県)にある全長7.2m
樽沢トンネルも日本一短いトンネルだとされています。

さらに国道を進みます。

RIMG0041.JPG
塩郷駅近くにある 塩郷の吊橋久野脇橋)。大井川にかかる
吊橋の中では最長約220m
RIMG0043.JPG
この日はが強く、特に橋の真ん中は揺れる事揺れる事・・・
高所苦手にはちとキツイかも。
RIMG0045.JPG
橋を渡っている時、ちょうど塩郷駅に電車が来ました。元は近鉄
南大阪線
吉野線特急16000系を譲り受けたもの。
最近では譲受車輌動態保存の意味合いもあり、オリジナル
車体色のまま運用されているとの事。 (大井川鉄道独自
車体色はクリーム赤色(一部青色))。

この塩郷駅も「男はつらいよ」のラストシーンで使われています。

RIMG0064.JPG
下泉水駅。 車輌は元南海高野線急行21001系
RIMG0067.JPG
これもオリジナル塗装のままです。

RIMG0071.JPG
千頭駅に到着。当日はSL「かわね路」号一往復運行されて
いました。
少し早めに着いたので、駅構内立ち食いソバを食べた後、SL
資料館
に入って時間を潰します。
ここも「男はつらいよ」に登場しますよ。
RIMG0072.JPG
資料館には過去に使用されたヘッドマーク展示されてます。
ほかに歴史的鉄道遺物模型も多数展示。 
DVC00030.JPG
駅に入ってくるSL 「C10形C10_8」。 結構人が乗ってます。
RIMG0087.JPG
駅構内の入場券を買って撮りまくりました。SL画像全画像
半分くらいの枚数かな・・・(笑)
RIMG0107.JPGRIMG0095.JPG

千頭でかなり時間を費やしました。次は県道77号線北上して
今晩宿泊する民宿のある奥泉通過して一路寸又峡温泉郷へ!

RIMG0126.JPG
寸又峡温泉郷入口。
RIMG0128.JPG
温泉郷の旅館のひとつ「ふじみや」 。知る人ぞ知る、ここは昭和
43年(1968年)
2月 に起こった 金嬉老事件(きんきろう
じけん) 
殺人を発端とする監禁篭城事件舞台になった
ところです。
あっしがまだ2歳にもなってないぜ。
RIMG0130.JPG
昨年から館内に資料館を設け、事件の資料一般公開している
らしいです。

さらに温泉郷を進んでいくと・・・
RIMG0133.JPG
一般車輌通行禁止。この先に「夢の吊橋」「飛龍橋」「尾崎
坂展望台」
などがあるのですが、天気曇りがち で良い景色
が望めそうにない事と 時間的にもキツイ判断して、奥泉まで
引き返しました。

RIMG0137.JPG
今晩お世話になる奥泉民宿「奥大井」
DVC00020.JPG
猪鍋料理をはじめとする地産地消食材で作った夕食
こちらを選んだ理由は、地理的各方面へのアクセスが便利と
いう事とネットクチコミ料理高評価だった事です。
ボリュームともに大満足!絶対お薦め です!!

明日大井川鉄道・井川線沿いにさらにを走らせて、接阻峡
(せっそきょう)
井川方面に向かいます。






posted by タカ at 11:59| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

年明けうどん でおめでとう!

明けましておめでとうございまーす。

不定期更新ブログですが、今年も懲りずに続けて
いきます。(たぶん…)

年が変わった元日深夜に車で家を出て静岡方面
恒例「年末年始旅行」 に行ってきました。

まずは、静岡・薩埵(さった)峠からの初日の出
DVC00040.JPG
DVC00036.JPG
赤く映える富士山駿河湾

皆さん、この構図見たことないですか?そうなんです。
ここは 歌川広重東海道五十三次浮世絵
登場する場所で、広重が描いた当時とほぼ同じ風景
が望めるのは、五十三次の中でもここだけと言われる
名勝なのです。

00.jpg
歌川広重「東海道五十三次・由比」

次回の更新に旅日記を紹介したいと思います。


さて、本日の朝、ジャスコ買い物に行きましたら
こんなん出てまして・・・

DVC00003.JPG
年越しそば に対して、 年明けうどん!?

また新たな便乗商品の登場かな〜?と思いながらも
別のコーナーに日清食品から生のインスタント
カップタイプもあったのでまずは買ってみました。

DVC00002.JPG

・・・でに戻って調べてみると

年明けうどんとは、2008年に立ち上げられた「さぬき
うどん振興協議会」
展開している、 「年明けに縁起
を担いで食べるうどん」
の事だそーです。

昨年から全国展開が決定され、今年の正月ドカン
各メーカーから商品発売になったわけです。

定義的には、
・期間は元旦から1月15日まで
・形式は「白」のうどんに1点、新春を祝う「紅」
(例・梅干し、赤いかまぼこ、海老など)を入れる。


お湯を入れて作ってみました。
DVC00001.JPG

やっぱ生麺はおいしー!は確かにおいしかったです。
具(かやく)
には 寿の字が入った蒲鉾ワカメ
ネギ油揚げ が入ってました。
でも通常市販されてるヤツとほとんど変わらない気が・・・

どーも現代において新しい習慣登場する場合は、
各業界団体・協会メーカー思惑が絡んでて
釈然としないものがありんすが・・・
(いろいろ諸事情がおありだと思いますがね)

これからはたして毎年、正月の時期に定着していく
のか? 注目ですねぇ〜(笑)


posted by タカ at 21:00| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。